スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 借金が無くなれば楽になれる、は嘘?

借金が無くなれば楽になれる、は嘘?

JUGEMテーマ:借金地獄

債務整理後の生活は、そう楽なものではありません。

多重債務時代には、「借金が無くなれば楽になる」と思っていたのも事実ですが、一度破綻した生活は、リセットボタンを押すだけでは元には戻らないのです。

特に自己破産後の生活については、苦しい状態が続きます。

本当に、生活を元に戻すのは不可能なのではないか?と思うくらいに。

それでもきちんと生活を立て直している方もいらっしゃいます。

私の知り合いで、自己破産後会社を興して、今では従業員をかかえるまでになった方もいらっしゃいますし、親御さんが自己破産した後、子どもさんが事業を受け継いで、立派に立て直した例も。

やはり、自己破産したという事実は事実として重く捉え、その上で「人生また一からやり直し」という気持ちで頑張るしか無いということです。

「お金が無いのは当たり前」と思えば、不思議となんとかなるもの。

とは言え、やはり私も債務整理後一番困ったのが「お金がないこと」でした。

本当に弱り目に祟り目とはこのこと、というくらい、金銭的なダメージを与えられることが次々と起こるのです。

まだは、夫の失業

会社をクビになる

多重債務時代は自営業だったのですが、事業がうまくいかなくなり業績の悪化と共に借金もどんどん増えていったという、典型的な失敗パターンで。

こういう時に限って、今まで起こったこともなかった業務上のトラブルまで起きてしまい、その弁償にも多額のお金を失ってしまいました。

だから、もともと少なかった貯金は、その時にすべて使い果たし、その後は借りては返す自転車操業になってしまったというわけです。

その上、私自身の持病が悪化したり、夫が病気になったりというアクシデントも。

もうこれで人生終わってしまうのか」とまで思いつめたこともありました。

とにかく、その時に唯一うまく行っていた副業で、なんとか乗り越えることができました。

それでも、結局は債務整理を決心することになったんですけどね。

まあ、なんとか自己破産を免れただけでも良かったかと。

その後の支払いが大変でしたが、それもなんとか返し終えましたし。

ただ、今多重債務で本当にどうしようもない状態ならば、自己破産を選択してもやむを得ないとおもいますよ。

スポンサードリンク


それに、先ほども書いたように自己破産をしても立派に立ち直っている方はたくさんいらっしゃいます。

また、大手銀行や信販会社など自己破産で迷惑をかけた金融機関では、もう二度と取引はさせてもらえない、というのが通説ですが、そうではないケースもあるようです。

自己破産後の収入や銀行との付き合い方によっては、また取引させてもらったり中には融資を受けられた、ということもなきにしもあらず、ということ。

それには、その銀行での給与振込や公共料金口座振替、定期積立などを積極的に行うなど、努力は当然必要となります。

まあ、「どうしてもここの銀行で」というこだわりが無ければ、新たに取引を始めた銀行の方が良いとは思いますけどね。

債務整理で迷惑をかけた銀行のデータには、半永久的にブラックとして掲載されるという噂もありますから。

結局は、「自分で一から信用を作り上げていく」ということに他ならないでしょう。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活