スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 自己破産すると楽になるというのは嘘?

自己破産すると楽になるというのは嘘?

JUGEMテーマ:借金地獄

借金地獄に陥っていると、いつも頭に浮かぶのは「楽になりたい」ということ。

「楽になりたい」というのは、生活が楽になるということもありますが、やはり精神的に楽になることでしょう。

借金を抱えているというのは、常に頭の中にお金のことしかないわけです。

お金お金お金、支払い支払い支払い・・・の繰り返し。

自営の場合、借金返済の他にも光熱費やその他かかるお金も山のようにあり、毎日が支払日のようです。

借金を抱えているということは業績も良くないわけで、収入はわずか。

その中からの資金繰りを余儀なくされるのですから、自転車操業とも言えないくらいの綱渡りでした。

いっそ自己破産してしまえば楽になる

「いや、自己破産なんてしたら、取引先に迷惑がかかる」

という声が、自分の中の天使と悪魔のように常に対立しているのです。

借金まみれの私の中の悪魔

鳥の声が聞こえると、「鳥のように自由になって羽ばたけたら」なんて思ったり。

最後はもう、何も考えられなくなり、「楽になる」ことしか無かったのかもしれません。

それでも、家族のために何とか生活を立て直そうと、自営の仕事以外にもアルバイトをして家計を支えていたのですが、なかなか復活の糸口すら見つけられない日々が続いていました。

借金もすでに借りられるところすら無く、自分がいくら借りているのかも正確には把握できていない始末で。

今考えると、すでに末期症状だったのかもしれません。

ある日、張り詰めていた糸がプツンと切れたようになって、ふらふらっと外に出て、もうちょっとのところで車にぶつかるところでした。

故意にではなかったのですが、さすがに自分で危ないと思い、意を決して市の多重債務無料相談に行ったのです。

最初は「自分の恥部をさらけ出すなんて」と思っていましたが、担当の弁護士さんに、今までの経緯と借金の総額をすべてお話したら、思いの外気持ちが軽くなっていました。

厳しいご意見も頂いたのですが、それよりも「話を聞いてもらえた」ことが大きかったようです。

だって、お金の話なんて、そうそう人にできるものじゃないですから。

スポンサードリンク


で、「この金額だと自己破産になると思うのですが、とりあえず過払い請求の計算をしてみましょう」と言われ、それも安心材料になったようです。

結果、過払い請求金がが思ったより多かったために、自己破産は免れ任意整理ということになったのです。

その後の生活については、このブログでも何度か書いていますので、決して生易しい道ではないのですが、債務整理を決心してから精神的には楽になったのは事実です。

生活の苦しさという面から見ると、債務整理後の方が苦しかったということもあるのですが、やはり借金を整理できたという解放感はありました。

でも、「借金が多くて大変だから、ちゃっちゃと自己破産して楽になろう」なんて考えると、免責すらおりないこともあります。

手続きをするのも、そう簡単なことではないですし、心の傷と向き合わなくてはならないのですから。

それでも、「自分の生活を立て直そう」と真剣に考えれば、その後の生活はなんとかなるものです。

なんて書きながらも、債務整理後に何度も「ブラックでもお貸しします」という甘い言葉に引っかかりそうになったんですけどね。

願う気持ちがあれば、道はなんとか進めるということなんだと思います。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活