スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 不動産担保ローンは消費者金融から借りると総量規制から除外されない?

不動産担保ローンは消費者金融から借りると総量規制から除外されない?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

今更な感じはしますが、総量規制についていろいろと調べてみると、やはりわからないことがたくさんありますね。

 

まあ、大雑把に分けると、消費者金融などの貸金業者からの借り入れは対象になるけれど、銀行とか信用金庫、あとはロウキン(労働金庫)などからの借り入れは対象外となるということです。

 

住宅ローンなどは、年収の何倍もの金額を借り入れしないと、とてもじゃないけど買えないわけですから、これは対象外となります。

 

高額医療費支払いのための借り入れも対象外です。

 

高額医療費-債務整理体験談

 

で、金額の大きい借り入れということになると、不動産担保ローンがありますよね。

 

これはどうなんでしょう?

 

これも、消費者金融から借入れをする場合は、不動産担保ローンでも、個人の自宅を担保にするのはダメなんですね。

 

だから、自宅以外の事業所ならOK

 

銀行や信用金庫の不動産担保ローンなら、自宅でも大丈夫ということになります。

 

不動産担保ローン

 

いずれにしても、大きな金額を借入れするので、審査自体は厳しくなります。

 

だいたいの目安としてわかりやすいのが、300万円の年収の方だと、合計100万円までの借り入れしかできないということ。

 

特に、多重債務寸前になって、信販会社や銀行からなんてとても借りられなくなり、消費者金融を中心に借り入れをしていた方にとって、総量規制以降の借り入れは、一層難しくなったというわけです。

 

ならば、不動産担保ローンなら大丈夫では?となるのですが、さっきも書いたように、消費者金融の不動産担保ローンは規制外ではないという。

 

もう、ここで、「もうダメだ」となってしまいますよね。

 

「無担保で借りられないのなら、有担保で」と思っても、ことごとくNo.と言われてしまっては。

 

スポンサードリンク

 

 

ただ、ここで考えていただきたいのは、すでに、数百万の借り入れをしているのであれば、家や土地を担保にしてお金を借りられたとしても、返済が行き詰まって、資産を取られてしまう可能性が非常に高くなります。

 

家だけば手放したくない」というお気持ちはよくわかりますし、私自身もそうでした。

 

だけど、将来のことを考えたら、ここで一度すべてを精算するつもりで、任意売却などで家を手放してしまう、という選択肢もあるのです。

 

そして、「先祖から住んでいるから、絶対に手放せない」ということであれば、自己破産以外の方法で債務整理をすれば、最低限家だけは残すことができるかもしれません。

 

多重債務になるには、それなりに年月がかかっていますし、なぜそうなったのか?と言えば、その場その場でツジツマを合わせてきただけだから、という理由が大きいと思うんです。

 

少し先のことを考えるようにすれば、借金地獄から抜け出すのも早くなるのではないでしょうか?


lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン